結婚式の費用を上手に節約するポイント3選

手作りができるところは手作りをする

結婚式では色々なものを準備しますが、全てを式場に任せるのではなく、手作りをすることによって費用の節約ができます。もちろん、全て手作りで準備することはできませんし、当日に間に合わないかったということがないように余裕を持って計画しましょう。手作りで準備するのがおすすめなものとしては、ウェルカムボードや、席次表、そしてメニュー表といったものがあります。手書きで丁寧に作れば、ゲストの方々への気持ちも伝わりやすいですよね。

式場選びで費用が大きく変わる

一言で結婚式といっても色々なタイプがあり、どの式場を選ぶかで費用も大きく変わってきます。一般的には、レストランでの式よりもホテルやゲストハウスの方が高価になります。また、結婚式を行う日程によっても、費用が変わったり、値引きができる場合があります。まず、費用優先なら結婚式が集中する6月は避けた方がよいでしょう。その他にも、平日や夕方以降の式は安くなる傾向があります。ただ、曜日や時間帯を決めるときは、遠方から来て下さるゲストの方々のこともしっかりと考えるようにしましょう。

ウェディングドレスも重要ポイント

ウェディングドレスをレンタルするのか購入するのかによっても費用が大きく変わってきます。レンタルのほうが安いと思われがちですが、高級ドレスは格安のものを購入するよりレンタル料が高いこともあるんですよ。最近はインターネット通販で格安のウェディングドレスを購入できることもあります。店舗を持たないためコストがかからず、良質なドレスが安く手に入れることができます。ただ、現物を見ることができませんので、サイズや色合いなどにもこだわりたい場合はお店で選んだ方がよいでしょう。

結婚式の費用を抑えたいならば、たくさんのゲストを招待しましょう。遠方の方だと旅費がかかるので、よく考える必要があります。