婚約指輪と結婚指輪の違いとそれぞれの特徴について

婚約指輪と結婚指輪の違いについて

婚約指輪と結婚指輪の明確な違いは、婚約指輪は婚約を申し込む人がパートナーに贈る指輪であり、結婚指輪は結婚する者同士で共に薬指にはめるペアリングという点です。

婚約指輪は記念品としての役割も持っているため、ダイヤモンドなどの高価な特別感のあるデザインが選ばれやすいのに対し、結婚指輪は日常的に薬指にはめることになるので、普段使いのできるシンプルなデザインが選ばれやすい傾向にあります。

日本では給料の三ヶ月分の指輪を贈るという習わしもありますが、それで言う指輪は婚約指輪を指します。

婚約指輪の特徴について

現代の婚約指輪は、一般的に愛情の証として用いられています。

宝石はダイヤモンドが多く用いられており、これには最も硬い石であることが、固い絆で結ばれるという意味を持つためです。

他にも無色透明の宝石であることから、純真無垢な花嫁に相応しいという意味合いも持っています。

婚約指輪は基本的に発注されてから制作される、新品のバージンリングが用いられます。

昨今では名前やプロポーズした日の日付を刻印できるサービスなども提供されるようになり、記念品としての意味合いがより強いものとなりました。

結婚指輪の特徴について

結婚指輪は夫婦でつけ続けることが多い指輪なので、普段使いができ性別を問わないデザインのものが多く用いられます。

宝石をつける場合も傷がつかないように、リングの内側に埋め込まれるデザインが多くなっています。

結婚後に長く用いられる指輪でもあり、挙式での指輪交換に用いられる指輪でもあります。

結婚指輪を日常的につけ続けるのは、永遠に途切れることのない愛情を象徴するためとされています。

また結婚指輪は一般的に左手の薬指にはめるものとされています。

結婚の前に婚約ですね。その証として彼から婚約指輪を貰うと結婚がさらに近く感じますよ。一緒に店頭で選べるといいですね。