そろそろ決めなきゃ!プロポーズ失敗しないためには?

そろそろかなとお互い意識

今の彼女とも付き合いが長くなり年齢的にも結婚の二文字が頭の片隅に浮かんできたころ。なにげに部屋のテーブルの上に置かれた結婚情報誌。強いプレッシャーを感じますね。彼女の方はいつでもOKなのにいつまでも独身気分を満喫したいと決断を先送りにしていては相手に失礼かもしれません。だけど、プロポーズってどうすればいいのと悩みますし、できれば感動的に決めたいものです。そこで、先人の例を参考に様々なプロポーズを考えていきましょう。

感動!?サプライズ!?どれがお勧め?

プロポーズの定番として古くから言われているセリフといえば「俺のために毎朝味噌汁を作ってくれ」ですが、さすがに今風ではありませんね。かといって「俺のために毎朝スムージーを作ってくれ」と現代風に置き換えてもしっくりきません。現在、世界的にはやっているのがフラッシュモブなどのサプライズ系やロマンティックなシチュエーションでの感動系です。一生忘れない素敵なプロポーズは後の結婚生活によい影響を与えてくれるでしょう。

大掛かりなほど慎重に!

フラッシュモブによる大掛かりなサプライズプロポーズ。成功すれば大勢の祝福を得られることでしょう。しかし中には目立つことが嫌いな女性もいます。そんな人はその場から逃げ出してしまうかもしれません。実際に海外の失敗動画などを見てみると残されたほうの悲しい姿は目も当てられません。そうならないためにも、彼女の性格、そして必ずOKをもらえるという確信があるときだけ大掛かりなサプライズを仕掛けましょう。だけど、あれやこれやと色々な策を巡らすより結局は心のこもった「結婚しよう」という言葉が一番簡単で成功率が高いのかもしれませんね。

プロポーズは一生の思い出になります。結婚生活で立ち止まった時も思い出せば頑張ろうと思えます。魔法の言葉です。